整形外科情報ナビ!全国整形外科検索データ

タマゴサミン



★関節痛ってどんな症状が起こる?★

関節痛になると一般的に以下のような症状が起こります。
・炎症
・痛み
・こわばり
・腫れ

関節が炎症を起こして、動作が制限されることがあります。

腕を上げようと思っても上げることができなかったり、自由に走ったり、飛んだりすることができないので、日常生活やスポーツ時に大きな支障をきたします。

関節痛になると患部に強い痛みを感じることもあるでしょう。

最初の頃は歩いたり運動後に痛みを感じる程度でも、症状が悪化すると関節を動かすだけで痛みを伴うようになります。

こうなると普通の生活を送るのが難しくなってしまいます。

さらに関節がこわばったり、酷い腫れが伴うこともあるでしょう。

関節痛をそのまま放置すると悪化してしまう危険があるので、早めに治療を行うようにしてください。

治療を早めに行えば、症状の改善も早いので、すぐに普通の暮らしに戻ることができます。

逆に治療が遅れてしまうと治療を始めてもなかなか改善せず、不自由な暮らしを長期間余儀なくされます。



★関節痛の原因は何?★

関節痛の原因は以下のように大きく3つに分けることができます。
・運動
・加齢
・肥満

運動が原因で関節痛が発症する場合があります。

中でも野球やテニス、ゴルフといった特定の関節を酷使するようなスポーツは関節痛を発症しやすいです。

さらに膝を使用する関節痛を起こしやすいので注意してください。

具体的にいうとバレーボールやバスケットボールなどの飛んだり跳ねたりするスポーツがこれに該当します。

年齢を重ねると関節と関節の間にある軟骨がすり減ります。

軟骨がすり減ると関節同士がぶつかり合ってしまうので、関節痛を起こしやすいです。

高齢者の方が関節痛に悩まされるのはこのためです。

肥満も関節痛の原因になります。

体重が重いと膝や腰など様々な部分に負担をかけることになり、関節が変形してしまいます。

その関節の変形が関節痛の原因です。

一般的にこういったことが原因で関節痛を引き起こしてしまうので、注意できることは注意して、発症を抑えるようにしてください。

タマゴサミン